専門学校で学ぶなら~ボイストレーニングで声をお仕事にしよう~

Education

絵のお仕事

漫画研究部と美術部を比べる

将来イラストレーターのような技術的な仕事に就職したい場合、高校の段階で日常的に勉強するようにしましょう。イラストレーターも画家と同じように基礎的なデッサン力や、水彩を描く技術などが必要になります。できるだけ早い内から技術の修行を始めましょう。現在私達が高校でイラストについて学ぶ場合、漫画研究部か美術部に入部するのが一般的です。こうした部活に参加すれば、専門学校に通うより安価に技術を習得する事が可能です。美術部に入部すれば、基礎的なデッサン力を重点的に身につける事ができます。一方マンガイラストに必要なデフォルメ力やCGを学ぶ事はできない場合もありますので、事前に活動内容を確認しておきましょう。漫画研究部であれば、効率的に漫画絵の勉強をする事ができます。

どのようなイラストについて勉強するのか

高校の部活は、高校に入学した時点で入部する事ができます。まず部の雰囲気を知りたい場合、事前に体験入部を行なうと良いでしょう。活動内容や部の雰囲気に満足した場合、入部届けを提出します。高校生の漫画研究部に所属してイラストについて学ぶ場合、アナログイラストを描ける場合とCGイラストを描ける場合があります。後者について勉強する場合、コンピューター環境が整っている必要がありますので、部活の環境を確認しておきましょう。近年のイラストレーターはその多くがCGイラストを描く事ができますので、CGを学ぶ価値は大きいのです。一方全ての「絵」の基礎はアナログにありますから、アナログイラストについて学ぶ価値も沢山存在しています。